サラヴィオ育毛ミストM-1で
育毛宣言!

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

髪に悪い習慣チェック
過度のブラッシングは抜け毛の原因に

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

髪がダメージを受けるときはどのような時なのでしょうか?第一弾は”摩擦”です。


薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、日々のブラッシングは慎重に行っていると思いますが、今回はどのような時に髪にダメージを与えるのか考えてみましょう。

髪がダメージを受ける原因はいくつかありますが、今回のテーマは摩擦です。

髪の毛に摩擦というと、全く関係のないように思えますが、実は何気ない動作が摩擦に繋がっていたりします。

例えば髪を触ることも摩擦になりますし、ブラッシング、タオルで吹く時など、日常生活にたくさんあるわけです。

しかし、それが全ていけないというわけではなく、やりすぎるといけないのです。
髪を触る癖、過度のブラッシング、タオルでゴシゴシ擦るなどは注意が必要ですね。

そのようなことから強い摩擦があると、髪のキューティクルがはがれてしまうのです。

キューティクルというのは、髪の表面を保護している細胞なのですが、これが剥がれると髪の中の栄養分や水分が外に流れ出て、外からは刺激を受けるので、髪が弱ってくるんですね。

なので摩擦には気をつけたいところですが、意外な落とし穴が1つあります。
それは濡れている髪の毛

実は髪が濡れている状態は、キューティクルが開いている状態。
つまり、髪の毛が無防備な状態になっています。

このような時に髪の毛を触りすぎると弱りますよね^^;
髪が濡れたまま寝てしまうのも危険です。
寝返りを打つと摩擦するわけですから、弱った髪の毛はダメージを受けてしまいます。

ちょっとくらいいいや・・・と、自然乾燥させるのは危険ですよ^^

薄毛、抜け毛が気になるなら、摩擦と濡れた髪には気をつけましょう。


世界初の分子ピーリング!
育毛ミストM-1はここをクリック

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

髪に悪い習慣チェック
その他関連記事

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇



◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

カテゴリー一覧

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

友達に教える♪
トップページへ戻る
(C)サラヴィオ 育毛ミストM-1 で育毛宣言!