サラヴィオ育毛ミストM-1で
育毛宣言!

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

髪に悪い習慣チェック
ドライヤーの熱を当てすぎると髪が変性する

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

自然乾燥は髪にダメージを与える原因。でも、ドライヤーも間違った使い方をすれば、ダメージを与える原因になります。


髪を乾かす時、どのようにやっていますか?
ドライヤーで乾かす人、自然乾燥させる人、色々いると思います。
しかし、間違った乾かし方をすると、髪にダメージを与えてしまいます。

前回、摩擦による髪のダメージの話をしましたが、今回は熱について説明します。

まずは自然乾燥で髪を乾かすという方。
髪が短く、タオルで拭き取れば乾く方ならそれで良いのですが、
なかなか乾かないのに自然乾燥させようとする方がいます。

まだ濡れているのに、めんどくさがって寝るのは最悪ですね^^;
これは前回もお話したように、摩擦によって髪が傷んでしまいますので止めましょう。

では、髪の長い方はドライヤーで乾かした方がよいことになりますが、
気をつけたいのは、”熱”です。

ドライヤーを当てる時、一か所に集中して当てていると、熱が集中します。
地肌が熱くなるのですぐにわかると思うのですが、
これは地肌が熱いだけでなく、髪の中のタンパク質が変性してしまいます。

そうなると、髪がパサついて癖が強くなってしまいますね。

癖が強くなると、ドライヤーの時間が長くなります。
髪をいじったりすることが多くなる場合もあります。
このようなところから薄毛や抜け毛に進行する場合もあるのです。

このように、熱で髪を傷めると悪循環に繋がりますので、
ドライヤーを一か所に集中しすぎないように注意しましょう。

やや遠目からドライヤーを振って乾かすようにするとよいですね^^


世界初の分子ピーリング!
育毛ミストM-1はここをクリック

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

髪に悪い習慣チェック
その他関連記事

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇



◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

カテゴリー一覧

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

友達に教える♪
トップページへ戻る
(C)サラヴィオ 育毛ミストM-1 で育毛宣言!