サラヴィオ育毛ミストM-1で
育毛宣言!

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

髪に悪い習慣チェック
自然乾燥VSドライヤー どっちがいい?

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

ドライヤーと自然乾燥、どちらが髪によくて、どちらが髪によくないのでしょうか?


あなたは髪を洗ったあと、ドライヤーで乾かしていますか?
それとも自然乾燥ですか?

ドライヤーは髪を傷めると言われていますが、
実は自然乾燥も良くない場合があります。

それは単に、ドライヤーが良くないとか
自然乾燥が良くないとか、そいうものではなく、
そうやる中でのやり方に問題があるのです。

まずはやってはいけない間違った乾かし方を知っておきましょう。

ドライヤーの問題点

ドライヤーが髪によくないと言われているのは、
高温の熱を直接髪に当てるからです。

高温の熱を当て続けると、必要以上に髪の水分が奪われてしまい、
キューティクルが傷んでしまうんです。

キューティクルというのは、髪の表面を守っている組織のこと。
髪の毛の表皮と言っても良いでしょう。

キューティクルが壊れると、髪を構成している成分や水分が出てきてしまいますので、枝毛や切れ毛、薄毛の原因になることが知られていますよね^^;

しかし、ドライヤーを使うこと自体が悪いわけではありません。
正しく使うことが大切です。

自然乾燥の問題点

上のような理由から、ドライヤーを使わずに自然乾燥をさせる方もいますが、
自然乾燥にも問題点はあります。

自然乾燥が髪に良くないといわれるのは、
髪に雑菌が繁殖するからです。

菌は水分と酸素があるところに繁殖するので、
髪が濡れた状態というのは菌が繁殖するのに絶好の条件なんですね。

うまく乾かなかった洗濯物が臭いのは、
雑菌が繁殖しているからなのですが、それと同じですね^^

というわけで、髪が短い方はタオルドライをきちんとしたあとに
自然乾燥でも構わないと思いますが、
ある程度長くなってくると、ドライヤーを使った方がよいでしょう。
もちろん正しいやり方でですよ^^


以上、悪い乾かし方を説明しましたが、
あなたの髪の乾かし方は大丈夫ですか?

ドライヤーの正しい使い方などは、また別記事で紹介します。


世界初の分子ピーリング!
育毛ミストM-1はここをクリック

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

髪に悪い習慣チェック
その他関連記事

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇



◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

カテゴリー一覧

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

友達に教える♪
トップページへ戻る
(C)サラヴィオ 育毛ミストM-1 で育毛宣言!