サラヴィオ育毛ミストM-1で
育毛宣言!

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

薄毛対策
髪の正しい乾かし方

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

ドライヤー、自然乾燥、それぞれの場合で髪の正しい乾かし方を紹介します。


以前、ドライヤーと自然乾燥の乾かし方を比べました。

参考:自然乾燥VSドライヤー どっちがいい?

いずれにしても、悪い乾かし方をしていると、
頭皮に悪影響を与えたり、髪を傷めるということでしたね^^;

薄毛対策として大事なポイントですので、
今回は正しい髪の乾かし方を覚えましょう。

ドライヤーを使う場合

ドライヤーを使うにあたって気をつけたいのは、
熱を1ヶ所に当てっぱなしにしないということ。
髪が変性したり、頭皮に熱のダメージを与えてしまいますからね^^;
それを踏まえて次のやり方で行いましょう。

  1. 大きめのタオルで髪をはさんで抑え、水分をふき取る(ゴシゴシしない)
  2. ドライヤーを、頭から20cmほど離して左右に振りながらかける
  3. 頭皮から髪先に向かって乾かす

ドライヤーを使うのはなるべく短時間で行うようにし、
近づけすぎや1ヶ所へのかけ過ぎには注意しましょう。

髪の根元から毛先に向かって風を当てることで乾きやすくなり、
さらにはキューティクルが閉じて髪にツヤがでますよ^^

自然乾燥で乾かす場合

自然乾燥は髪を傷めないという人がいますが、
それは髪によります。

自然乾燥に向いているのは、短い髪の人です。

髪の長い方が自然乾燥させると、濡れた状態が長く続きます。
それがあまり良くないんですね^^;

髪が濡れているとキューティクルが開いたままなので、
髪の内部の水分などが抜けやすくて、
さらに雑菌が入りやすい状態でもあるので、
非常にダメージを受けやすくなっています。

もしタオルだけで乾かす(タオルドライ)ことができないのなら、
必ずドライヤーを使うようにしましょう。

タオルだけで乾かせる方は自然乾燥で十分です^^
ただし、ゴシゴシこすらずに、抑えるようにして乾かしましょう。


世界初の分子ピーリング!
育毛ミストM-1はここをクリック

◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

薄毛対策
その他関連記事

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇



◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

カテゴリー一覧

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

友達に教える♪
トップページへ戻る
(C)サラヴィオ 育毛ミストM-1 で育毛宣言!